コンビニバイトは夜間がお得!?夜間は時給が高くなる

コンビニバイトは忙しい

最近では高校生や大学生のバイトとして人気なのがコンビニの店員です。販売接客意外にもファーストフードの準備、陳列等、仕事の幅は広くあります。また人数もぎりぎりでシフトを組まれていることが多いので、時間によっては多忙になることが多いです。特に昼時は周囲の企業から、また学生、近所の住人が買いに来るために効率良くレジの処理をしないとお客様が行列をつくったり、その対応のまずさで客離れを起こすケースもあります。

夜間のバイトでは昼間にはいない人も登場

シフトの時間によっては昼のような行列が出来るほどの忙しさもない時もあります。例えば夜間の場合には、来店するお客様の数も昼間よりも減ります。陳列等も余裕をもっておこなうことができます。しかし夜間の場合には、昨今のニュースでもあるような強盗等が来る可能性が高い時間帯で、出会うリスクも発生率は低くてもあります。また昼間にはいない酔っ払ったお客様も来る可能性もあり、場合によっては絡まれたりすることもあります。

夜間は時給はいいけどやることも多い

一方で、夜間の場合には時給が昼間の時給よりも高額になります。法律で一定時間においては割増になることもあるため、同じ時間を働いてより多くのバイト代を稼ぐために夜間に集中してシフトを希望する人も多いです。大学生の場合には午前中の授業がない場合には夜間の勤務も可能になります。夜中を過ぎて明け方近くまでは人が来なくて客待ち状態の時間帯もありますが、その時間で品出しをしたり、部分的な陳列の変更等といった店内作業が多くなります。

コンビニのバイトで深夜の勤務は終電がなくなるくらいから、品出しやドリンクの補充、ごみ箱のゴミの交換などがメインです。メリットは無料で新作のお弁当をたべられます、賞味期限が迫ればですけど。